• FAQ

私たちのテレケアソシューション、絆創膏型介護用インテリジェントセンサーパッドmoio.care に対してよく出る質問とその回答です:届けられた質問を以下のテーマ分野に区分し、皆様に素早く概要を得られるようにしました.

アプリの通知は介護作業の進行の妨げにはなりませんか?

  • 作業の進行はmoio.careシステムの使用により変わります。ルーチンのいくつかは無くなり、その他は情報により中断されることになります. 全体として、moio.care により介護の質は上昇すると私たちは確信しています。サポートがまさに必要されるときに提供されるためです(機会誘導)。また同時に不要なルーチンが省かれるために介護者の負担も減るでしょう. moio.careアプリは、具体的なアクションの需要がある場合にのみ通知します. それにより情報量は必要なものだけに限定されます.

 

moio は介護者に置き換わりますか?

  • いいえ!moio.care システムは被介護者の状態についてより良い情報を提供します。それにより不要な確認作業、ルーチン作業を減らすことができ、人間同士の気遣いのためなどにより多くの時間を使えるようになります. 私たちの出発点は、技術的サポートにより介護者の中核の課題について支援することです。置き換えることではありません.

 

肌には影響はないのでしょうか、ばんそうこうを常に付けていると患者の肌は炎症を起こしませんか?

  • 私たちは moioセンサーパックの開発においては、傷を覆う材料の専門家たちと協力しています。センサーパックには低アレルギー性で空気の透過性のよい、長時間肌に付けることに適する素材を使用しています。肌側では貼り付ける箇所は何点かあるだけなので、同じ場所に何度貼ることがあって、肌の同じ点に付くわけではありません. それでも肌への負担を避けることはできません。個別の肌の適応性はそれぞれのケースで事前に適する場所をテストすることになります。肌に適応していない場合は、使用できないことになります.

 

moio.care センサーパックは最長1週間肌に付けておくことになります。肌の適応性はどうなのでしょうか?

  • センサーパックは傷やばんそうこうの専門家と協力して開発されています。もちろん、個別のケースでは追加として着用する方の肌の適応性をチェックする必要があります.

 

個人的な人間との触れ合いが介護においては大きな意味を持ちます。技術的な補助具を使うことでこの触れ合いが失われてしまいませんか?

  • いいえ、その逆です. 私たちの出発点は、技術的な補助具により介護と無関係な作業を減らそうというものです。例えば書類作成など。それにより被介護者への「血の通った触れ合い」への時間が増やせるようになります.

 

腕時計やネックレスなどの介護用の補助具は患者から邪魔だと見なされて、一部は非常に手間がかかり負傷のリスクから取り外されてしまう場合があります。moioセンサーパッドでは何が違うのでしょうか

  • 正にその理由から私たちは特殊なばんそうこうの形態の導入を決定したのです。moioは背中、服の下に身に着けるため、見えません。薄くソフトで柔軟な作りであり、着用者は触覚ではほぼ感じることがありません。それにより異物だと認識されないため、外してしまおうとする衝動が生まれません。
    それでもmoioがやはり気になってしまうのであれば、負傷のリスクなしに外すことができます。私たちが重要視したのはその点でした。着用管理を介して介護者は、moio が肌から剥がされたという通知を受け取ります.

アプリが介護者に通知するのは、どのような時ですか?

  • moio.careシステムのすべての機能は、個別にオン/オフを切り替えることができ、また被介護者ごとに個別に設定することができます。介護者には、事前に設定した事象のみが通知されます。

データ転送はどのように行われますか?

  • moioとmoio.careサーバー間のデータは、GSMモバイルネットワーク経由で256ビットAES暗号化を使用してTCP/IPを介して送信されます。その際moioは、利用可能なすべてのデータネットワーク(Telekom、vodafone、O2、E-Plus)を使用します。
    moio.careサーバーとmoio.careアプリ間のデータも、インターネット接続を介して暗号化された形式で送信されます。経由するのはネットワークケーブル、無線LAN、モバイルとなりますが、これはコンピューター、スマートフォン、タブレットのインターネット接続方法に応じたものとなります。

 

パッドを複数の被介護者に装着した場合、全員分がアプリに表示されますか?

  • はい、介護者に全員分のmoioを読み取る権利がある場合、全員分の情報がアプリに表示されます。

 

被介護者は、GPS位置機能で常にチェックされていることになるのでしょうか?

  • はい、と、いいえの両方です。
    はい、ジオフェンシング内では、装着者の位置を繰り返しチェックする必要があるためです。そのためにmoioは、BluetoothとGPSのアンテナを定期的に起動し、現在の位置を特定します。
    いいえ、moioは位置をチェックしますが、平常時にはデータの保存、送信は行いません。通常の作動状況では、場所データがmoio.careサーバーに届かないので、行動についてプロファイルが作成されることはありません。
    ジオフェンスの外に出て、アラーム状態となった場合にのみ、位置データがまずmoio.careサーバーに、次いでmoio.careアプリに送信されます。これは、被介護者の早期発見のために必要なことです。ジオフェンス内に戻ると送信が終了します。

moioの価格は?

  • ホームエリア向けmoio.care Homeの料金は、月額59.95ユーロ、また初回に限り別途25.00ユーロとなっております。
    Moio.care Proの特定の料金は現時点では未定です。

 

器機が故障した場合の費用負担はどうなりますか?

  • moio.care Homeとmoio.care Proは、いずれも購入ではなく、レンタルとなっております。moioが故障した場合は、すぐに新しいmoioと交換いたします。
    取り扱いに過失があり損傷が故意によるものでない限り、交換費用は弊社が負担いたします.

患者が認知症で同意できる状態にない場合、パッドの使用は誰が決めることができますか?

  • 弊社では注意義務の一環として、ご注文の際に、介護者がどのような資格でmoio.careシステムの使用をご検討されているのかを確認いたします。これは、患者のインフォームド・コンセント、成年後見制度、事前指示書、または地方裁判所の決定となる場合があります。
    加えて個々の機能を設定する際には、注意が必要な法的な枠組み、通常の使用と不適切な使用の区別についてご案内いたします。
    システムを使用するのは最終的にお客様ですので、メーカーとしては管理することができず、また管理することも認められておりません。お客様の責任のもと、法律に準拠したご使用をお願いしております。

 

患者にパッドを装着すると、行動の自由(ドイツ基本法第2条第2段)の制限となるのでしょうか?

  • moio.careシステムのすべての機能は、介護者と被介護者が自立、自由、プライバシーを増進することを目的としたものです。moio.careシステムは情報を生成しますが、患者が実際に行動する自由を制限するものではありません。位置情報は、現在位置を知るために使用する限り、自由を奪うものではありません。
    患者が家から出ようとするのを、位置情報を利用して、繰り返し、かつ恒常的に妨げる場合に限り、moio.careシステムの使用が自由を剥奪する措置と見なされます。